“厩戸”の読み方と例文
読み方割合
うまやど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また庶妹間人の穴太部の王に娶ひて、生みませる御子、の宮の厩戸豐聰耳の命、次に久米の王、次に植栗の王、次に茨田の王四柱。
いっぽう、蘇我氏は、厩戸皇子とむすんだ。厩戸は、穴穂部にくらべて、穏健な人であった。蘇我氏の言をよくきいて、蘇我氏のなすがままに従っていた。
高光る 日嗣皇子 厩戸の  し世に れましまして はらからと らが 由々しくも 惑へるなかに いかさまに 嘆きませるか くも 斑鳩の里 うち日さす 宮居さだめて 飛ぶ鳥の 明日香のみ代ゆ あかつきの 道うちひらくと 夢殿に ひとりこもらせ 夕されば のきはみを
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)