“厩番”の読み方と例文
読み方割合
うまやばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仲間、小間使、奥女中、下働き、厩番など、多ぜいの召使にかこまれていましたが、奥方は二、三年まえに亡くなって
亡霊怪猫屋敷 (新字新仮名) / 橘外男(著)
鉄の馬の厩番はこの冬の朝もはやく、山のあいだの星の光りによって起きでて、彼の馬にをやり馬装をととのえた。
ここでいつも彼を取りまき、賞讃するのは、大ぜいの馬丁や、厩番や、靴磨きや、名もない居候連中である。
駅馬車 (新字新仮名) / ワシントン・アーヴィング(著)