“厩肥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きゅうひ66.7%
まやごえ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして百足の草履とか千頭の黄牛とかの、余りにも奇抜な条件すらも、信州の千駄の厩肥に比較することによって、始めてその来由を明らかにすることが出来る。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
十力大宝珠はある時黒い厩肥のしめりの中にもれます。それから木や草のからだの中で月光いろにふるい、青白いかすかなをうちます。それから人の子供苹果をかがやかします
いつもなら厩肥を遠くの畑まで運び出さなければならず、たいへん難儀したのを、近くのかぶら畑へみんな入れたし、遠くの玉蜀黍もよくできたので
グスコーブドリの伝記 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)