“厩河岸”の読み方と例文
読み方割合
うまやがし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前々夜襲われた小日向台町と厩河岸へまでも回って調べ、本石町での陳述と同様、やっぱり下手人は右三個所を襲ったときにも
いて行くと、お角はお厩河岸を五、六ほど下って、鳥越川が大川にぎ出る丁字形河岸縁に立ちどまりました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一カ所は方面違いの厩河岸ぎわですがね、その飛び離れたところへ、半刻と違わねえのに同一人らしいおかしな野郎が押し込みゃがってね