“たいよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
太陽94.4%
胎養2.1%
大要1.4%
大洋0.7%
太洋0.7%
態様0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目がさめたときには、すっかり夜があけ、明るい太陽がさしこんでいて、出勤してきた店員の話し声や掃除をする音がきこえていた。
彼女の血潮の中に胎養されつつある肉塊は、そのとたんに、まだ母体のうえに変化という程なも持たないのに、どこかで、悲鳴を揚げているようだった。
御鷹 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
発見者は、老人のすぐとなりにんでいて、去年あたり開業した島本守という医学士だつたが、島本医師は、警察事件通報すると同時に、大要のごとく、その前後事情べた。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
航海中は毎日の嵐で、始終船中に波を打上げる。今でも私は覚えて居るが、甲板の下に居ると上に四角な窓があるので、船が傾くとその窓から大洋立浪く見える。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
大空をわたる雲の一片となっているか、谷河の水の一滴となっているか、太洋の一つとなっているか、又は思いがけない人の涙堂にえられているか、それは知らない。
小さき者へ (新字新仮名) / 有島武郎(著)