“おひさま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
太陽66.7%
太陽様33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太陽
十五夜お月さん (旧字旧仮名) / 野口雨情(著)
いた太陽の夢を見たんだらう。何だかのやうな事を言つてるわね。——さあ/\、お寝室こしらへをして置きませう。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
築山の松のを飛びまして、遠くも参りませんで、塀の上に、此の、野のへ入ります、真赤な、まんな、大きな太陽様の前に黒くまつたのが見えたのでございます。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
真赤な、まんな、大きな太陽様の前に黒く留まったのが見えたのでございます。私は跣足で庭へ駈下りました。駈けつけて声を出しますと、烏はそのまま塀の外へまた飛びましたのでございます。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)