“おひさま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
太陽66.7%
太陽様33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあ有り難い、」と彼女は言った、「太陽おひさまが照ってる!」
——いた太陽おひさまの夢を見たんだらう。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
真赤まっかな、まんまるな、大きな太陽様おひさまの前に黒く留まったのが見えたのでございます。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
築山つきやまの松のこずえを飛びまして、遠くも参りませんで、塀の上に、此の、野のすえところへ入ります、真赤な、まんまるな、大きな太陽様おひさまの前に黒くまつたのが見えたのでございます。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)