三つのかぎみっつのかぎ
ある青年は、毎日のように、空を高く、金色の鳥が飛んでゆくのをながめました。彼は、それを普通の鳥とは思いませんでした。なにか自分にとって、いいことのある使いであろうというように思ったので、その鳥の行方を探そうとしました。どこかに巣があるにちが …
作品に特徴的な語句
うし うえ たたか 微笑びしょう ぶん てき 故郷こきょう 地中ちちゅう 調しら 目的もくてき くだ 殿との なか にん 人魚にんぎょ 今日きょう あお あいだ ひら かたむ さき ひか 金色きんいろ べつ あか ほう 文字もじ 発見はっけん あや あら わか のち 宝物たからもの かれ つよ 希望きぼう むす ねん くさ ある 歴史れきし のこ 毎日まいにち 毎晩まいばん 永久えいきゅう 決心けっしん しず なみ 注意ちゅうい 流浪るろう はま うみ 海岸かいがん 灰色はいいろ 熱心ねっしん 物思ものおも 猟師りょうし めずら おとこ まち 番号ばんごう つか のぼ しろ 石垣いしがき すな 砂漠さばく 祈願きがん わたし 秘密ひみつ そら はし わら ふえ こた つく 鉄砲てっぽう かね 野心やしん みやこ とお たっ みち あし かがや