“阿波岐”の読み方と例文
読み方割合
あはぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はいなめ醜めきき國に到りてありけり。かれ吾は御身せむ」とのりたまひて、竺紫日向の橘の小門阿波岐に到りまして、へたまひき。