“阿波守”の読み方と例文
読み方割合
あわのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで、当番御目付土屋長太郎、橋本阿波守は勿論、大目付河野豊前守も立ち合って、一まず手負いを、焚火ぎこんだ。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
長常という彫物師は類なき上手なり、円山主水応挙も絵の上手なりしが、智恩院宮諸太夫樫田阿波守という人長常に小柄を彫りてよ、応挙の下絵を書かせんとえければ長常いたり。
一、松平阿波守様、(阿州徳島藩主)御浜御殿
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)