“みみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミミ
語句割合
94.6%
耳朶1.5%
御身1.5%
0.5%
御見0.5%
耳底0.5%
耳腔0.5%
聴覚0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
笠森のおせんだと、いうとなくからわって白壁町までくうちにゃァ、この駕籠にゃ、人垣出来やすぜ。のう
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
黒い房々とした髪の間から白い耳朶が覗いていた。小さな薄い耳朶であった。灯火に透したら一々血管がすいて見えそうな柔かい赤みを帯びた肉片であった。
掠奪せられたる男 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
独神御身隠します時すらやかく雲海はありて被ひき
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
天地初發の時、高天に成りませる神のは、御中主の神。次に高御産巣日の神。次に神産巣日の神。この三柱の神は、みな獨神に成りまして、を隱したまひき
すなはちの中にし、弓矢をばして、馬に乘りて出で行きて、忽の間に馬より往きびて、矢を拔きて、その忍齒の王を射落して、またそのを切りて、馬に入れて
「おそなわって相すみませぬ。いずれも様の御見に入りのう存じまする」
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
かの時別荘の門に送りでて「早く帰ってちょうだい」と呼びし声は今も耳底に残れど、今はたれに向かいて「今帰った」というべきぞ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
私は、そのろな耳腔諄々くことで驢馬の記憶を呼びそうとした。
ゼーロン (新字新仮名) / 牧野信一(著)
御承知か知りませんが、鰒に中毒ると何もかも痲痺てしもうて、一番しまい間際聴覚だけが生き残ります。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)