あまり者あまりもの
郷里の家に少しばかりの金を、送金したその受取りの返事を、今朝(工場の休みを)まだ寝床にいた私の枕許へ、台所にいた妻が持ってきた。 郷里を出て、モウまる三年というもの、私と郷里の消息は、いつも、この月々の僅かの仕送りの返事に附け足されたものに …
作品に特徴的な語句
わっ こごえ ぎょ おん 発見めっけ あか あら おら しゃ はず もり おだ めず におい おぶ すべ うな かつ ばば いや いえ 小刀ナイフ つい たび 彼処あすこ のち こわ ほと しま 翌朝あくるあさ うなず おび 阿母おふくろ とな 頬冠ほおかぶ 飼馬かいうま 一寸ちょっと 一廉ひとかど 一旦いったん なが 亀裂ひび しま 今朝けさ 他家よそ くだん 何人なんぴと 何処どこ 何時いつ そば 傲慢ごうまん わか 前掛まえかけ 可笑おか つぶや うな わめ 喧嘩けんか 四郎しろ すわ うず 奇蹟きせき うれ 安穏あんのん うち 寝起ねおき もっと 巳之みの いろど 復讎ふくしゅう 心算つもり おそ 怪訝けげん 恰度ちょうど ふる あわ 慓悍ひょうかん 戦捷せんしょう 手練しゅれん 技倆ぎりょう ほう かつ