“不相應”の読み方と例文
新字:不相応
読み方割合
ふさうおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
苦勞しがるづべし、よくれたる不幸不相應につながれてらの苦勞をさするれさのれども
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それからにはれて清流身體め、しいには留守居水兵日出雄少年凖備してれる孤島には不相應奇麗浴湯つて、しい夕食ると
勘次はおつぎに身體不相應仕事をさせてることをつてる。それで自分屹度きてける。れた少女はまだぐつたりと正體もなくからこけてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)