“かぐは”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
60.0%
20.0%
20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るゝ一掬つて、昌黎へてく、のもの潮州瘴霧さん、叔公御機嫌ようと。昌黎馬上けてにすれば、しく立處花片となんぬとかや。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
唯後に残つたは、向うの岸の砂にさいた、したたかな柳の太杖で、これには枯れ枯れな幹のまはりに、不思議やしいの薔薇の花が、しく咲き誇つて居つたと申す。
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
突き刺して鼻にあてゝ嗅げば、えも云はずしき黒方の香にてあり、すべて心も及ばず、これは世の人にあらぬなりけりと思ひて、これを
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)