“だき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ダキ
語句割合
唾棄44.8%
惰気16.2%
16.2%
舵機5.7%
舵器5.7%
2.9%
1.9%
柁機1.9%
1.9%
堕気1.0%
懶気1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしここに体得せられた真理が、堂塔の建立に腐心することを唾棄し、一切の財欲を排斥した道元の真理と同一であるはずはない。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
は大いに疲労して、白昼の凡てに、惰気を催うすにも拘はらず、知られざる何物かの興奮のに、静かなにする事が出来ない事がよくあつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
お辰かと珠運もしめてに唇。彫像が動いたのやら、女が来たのやら、く語らば遅し。摩訶不思議
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
コンパスは狂いつづけ、舵機や、スクリウは、僕の命令に従わない。僕は、把手から手を離し、呆然として腕組みした。
怪奇人造島 (新字新仮名) / 寺島柾史(著)
「閣下、本艦は日本潜水艦に、舵器を半数破壊されました。って速力が半分に減じまするから、至急、隣に居りますソルトレーキへ御移りを願います」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
雨気をもった夜風が、向こうの関東屋の低い小さな屋根の上のペンペン草を、あるかなきかに揺っていた。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
ああ醉心地、しめに
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
るに安済丸は海にんで間もなく、柁機を損じて進退の自由を失った。乗組員は某地より上陸して、許多の辛苦をめ、この年五月にようよう東京に帰った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
橋は心覚えのある石橋巌組である。気が着けば、あの、かくれの音は遠くだう/\と鳴つて、風の如くに響くが、れるほどの糸のも乱れず、唇をすばかりの唄もられず、嵐の下の虫の声。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
心にがあれば邪が——心に堕気があれば堕気が——匠気があればまた匠気のあとがい隠しようもなく遺る。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
退屈はやがて、気懶いものを誘ってくる。懶気は禁物とめている武蔵にとって、そう気がつくと、わずかな間も、こんな所にいられない気がしてくる。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこはかとなく心に染むそらもの。たゆたひ勝ちにあはれを語る初更のさゝやき。深くも恥らひつゝ秘むる情熱——これらの秋は日本古典の物語に感ずる風趣である。秋それ自身は無口である。
秋の七草に添へて (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)