老婆ろうば
老婆は眠っているようだ。茫然とした顔付をして人が好そうに見る。一日中古ぼけた長火鉢の傍に坐って身動きもしない。古い煤けた家で夜になると鼠が天井張を駆け廻る音が騒々しい。障子の目は暗く紙は赤ちゃけているが、道具というものはこの長火鉢の外に何も …
作品に特徴的な語句
よさ いっ ねむっ なあ あく おり きっ どう よろこば ふる みる はっ みえ 彼方むこう 恍然おっとり 斯様こう とま 夜中よじゅう もっ とば あが なに 何様どんな 古箒ふるほうき ばばあ 平常へいぜい ぞっ たず 斯様こんな いまだ 漸々だんだん おこ 一々いちいち 両眼りょうめ なん かり つめ 彼方あちら しん 悄然しょんぼり 憤怒ふんど 折々おりおり こす なぐ あか 此様こんな 毛布ケット すま あたた 湿 とも 町端まちはずれ 白眼はくがん はだえ 茫然ぼんやり 見詰みつめ 面構つらがまえ 一思ひとおも 人通ひとどおり 何処どこ 何時いつ 偶々たまたま まま 其処そこ 其様そんな 勿論もちろん かえ 吊下ぶらさが いな 咽喉のど 唐突だしぬけ 四辺あたり ほこり へや うち 寝衣ねまき むか 居堪いたたま 引摺ひきず 悪相あくそう 戸外そと 手拭てぬぐい 抽出ひきだし 指頭ゆびさき つま 撫廻なでまわ 昨夜ゆうべ 晩方ばんがた かつ しら 此処ここ