“万死”の読み方と例文
読み方割合
ばんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これ勝伯が一を以て万死の途に馳駆し、その危局拾収し、維新の大業を完成せしむるに余力をさざりし所以にあらずや云々
は、場所がら、にありべからざる光景るものだとい、して、子細ていると、さなかえるは、まだきていて、万死から
ああ何ぞ万死を惜しまんやと、決意する所あり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)