“何:ど” の例文
“何:ど”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花62
野村胡堂45
泉鏡太郎30
三遊亭円朝29
石川啄木21
“何:ど”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸88.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語11.2%
文学 > 日本文学 > 戯曲8.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何も知らぬ腹の中の迄が世に出ぬ先から既に着るべき物をがれてくのが母親の心にれ丈悲しい事であらう。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
梅「歩かぬじゃいかぬと云ったってお前さん、休みもしないで延続のべつゞけに歩くのだもの、うして歩けやアしませんよ」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
れが實際の人で何れが鏡の中の人なやら、見分もつかぬうちに、また源助に促されて、其店の片隅から疊を布いた所に上つた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ひとありて、もし「イヤ不思議ふしぎつね、日本につぽん不思議ふしぎだよ、うも。」とかたらむか
神楽坂七不思議 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
しかういふものか此時このときばかり、わたしこころめう其方そつち引付ひきつけられた。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
うござんすかい、わたし無理むりにおたづまをします、あなたはうしてもおはなしなさいませぬ
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
れが実際の人で何れが鏡の中の人なやら、見分もつかぬうちに、また源助に促されて、其店の片隅から畳を布いた所に上つた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
その軍医が歯医者の出身であつたかうかは知らないが、実に結構な発見で、独創的な意見とはこんなのを言ふのかも知れない。
子供達は今日はうしたのか悲鳴をあげてめい/\につかまへられてゐる帯際の友達の手を振りもぎつて、馳け出して来ました。
火つけ彦七 (新字旧仮名) / 伊藤野枝(著)
だから、日本へ来て緑の濃い真青まつさをな水の色を見るのがれほど愉快だか知れないと云ふのであつた。
海洋の旅 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
あしかけ三ねんながあいだ松島まつしまさまがれほどつくしてくだされたとおぼしめす
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かほさげて離縁状りゑんじようもらふてくだされとはれたものか、かられるは必定ひつぢよう
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「おやおや、何時いつの間にやら島さんも、中島さんも、松井さんも、んな居なくなっちゃった、うしたんでしょう」
青い眼鏡 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
さつあをふさつて、湯気ゆげをふいて、ひら/\とえるのを凝然じつると、うも
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
うでがすね、これから、富山とみやまへおのぼりにつては、はい、一たらずだ、一息ひといきだで。」
続銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
わからんね。要するにお前の顏はあかい、俺の顏は青い。それだからうにも爲樣しやうのないことになつてゐる。」
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
すると一番しまいの日に一本打ちました鍼が、う云うことかひどく痛いことでございましたが、是は鍼に動ずると云うので、
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
譲吉が金の都合で、うしても応ぜぬ時などは、自分の小遣銭こづかいせんで、黙って買って来て、譲吉に内緒で縫って置いた。
大島が出来る話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
それもいが、道の勝手を知ってるまい、夜道にかゝって、女の一人旅はような難儀があろうも知れぬ、さ
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
の位でとめられるですかね」またそろ/\臆病風おくびょうかぜが吹いて来た余は、右手にかけて居る運転手に問うた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
舞台監督の意向は日本の習慣などはうでもい、たゞ欧洲に無い野蛮趣味と新しい形とを出して観せたいのらしい。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
巴里パリイの市内小包はうかと云ふと東京の様に迅速な配達制度は無くたゞ一日に三回配達する普通小包だけである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
元来××番館はその始めアメリカの娼婦しやうふが住んでゐた建物なので、他のんな室よりも湯殿が立派な構造を示してゐた。
アリア人の孤独 (新字旧仮名) / 松永延造(著)
小説以外では餘り若い女といふものに近づいた事のない甲田には、うしても若い女に冷たい理性などがありさうに思へなかつた。
葉書 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
母様おつかさんわたし一人可愛かあいんだから、うして、先生せんせいのいふことはわたしだますんでも
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
わたしにもよくはわからないけれど、あの、ことまをすのだえ、うたこゝろはえ。」
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
の家も、何の家も、古びて、穢なくて、壁が落ちて、柱が歪んで、隣々にのめり合つて辛々やう/\支へてる樣に見える。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「本当にかう毎晩のやうに火事があつては、ゆつくり寝ても居られねえだ。本当に早くうかて貰はねえでは……」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
んなに眠いときでも、蓮見がおこすと、渋くりながらも便所へも立つのであつたが、圭子では世話を焼かすばかりであつた。
チビの魂 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
うかすると出先きで、酔つぱらひのお客に揶揄からかはれたり、銀貨をもらつたりするのも、忘られない楽しみであつた。
チビの魂 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
さういふ世界の空気もいくらか知つてゐたので、うせ出るなら客筋のいい一流の店の方がチップの収入も好いだらうと思つて
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
うです。仲々奇抜な意匠でしょう。一寸ちょっと類のない品物でしょう。」と、その男性的な顔に得意な微笑を続けていた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
じいさま、うぞわたくしひとつの御神鏡ごしんきょうさずけていただぞんじます。
此の求婚を、気紛れだとか、冗談だとか、華族の娘を貰ひたいと云ふやうな単なる虚栄心だとは、うしても思はれなかつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
小説以外では余り若い女といふものに近づいた事のない甲田には、うしても若い女に冷たい理性などがありさうに思へなかつた。
葉書 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
お常は三十日の芝居を、十八日までつゞさまに、通ひ詰めたがうしても徳三郎と言葉をはす事が出来なかつた。
「今年はこゝいらにならべたいと存じますが、いかがでせう。御異存が有りませんでしたら、うか御作おさくを一枚……」
そして楽器に何か故障でも起きたらしく、幾度か調子を直さうとしてゐたが、うも思ふやうにならないので、急に癇癪を起した。
お縫 お兄樣あにいさまが三年越し馴染んでおいでなさる吉原の遊女、大菱屋の綾衣とかいふのはのやうな女子をなごかえ。
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
――この定〓も、北海道の人達が上京して来て完全なものとなり、それから農民達とも相談したら、その結果がうなつたか。
私有農場から共産農団へ (新字旧仮名) / 有島武郎(著)
うだ奇態きたいなものだらう、茗荷めうがふと馬鹿ばかになるとふが、じつに不思議なもんだな。
(和)茗荷 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
おやうしたんだね、まアうもあんまり早いぢやアないか、はまつてぐにかへつてたの。
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
見渡みわたすに現今いまの世界は交際流行かうさいばやりで、うもこの世辞せじらぬ事だとふけれど
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
かううも、ばんごと、どしんと、おどろかされて、一々いち/\びく/\してたんではれない。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ところが、大阪のすし屋は、うも生海老が早く売切れる。われわれ、夜の仕事が終って行くと、もう売切れです、と断わられる。
このたび大阪 (新字新仮名) / 古川緑波(著)
人目ひとめにふるヽはみちおなじこと、なに度胸どきよう半紙はんし四五まい二つをりにして
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
身分みぶんわるいの學校がくかううしたのとくもくも勝手かつてことはれたもの
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
たとえ、んな伝世でんせいの銘刀でも、邪心じゃしんをもって、折ろう曲げようとすれば、傷つかぬということはない。
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『又、叱られたんでしょう。ここが、こらえどころですよ。んな職業しごとだって、修業の道は辛いものと極っています』
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
窓を開けて、この神秘的な活人画に見入って居る宗三郎の心が、妖しくも乱れて行くのをうすることも出来なくなりました。
猟色の果 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
此調子では、芦名兵三郎に対する疑いは深まるばかりですが、本人もそれを意識し乍ら、うする事も出来ないと言った様子です。
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
それで全部を賄われているので、醜い夫人をうすることも出来ないのではあるまいか――とこれは会員達のひそやかな噂でした。
法悦クラブ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「勇さん、何も彼もお仕舞いねえ、私はもう隠しもうもしない、そのビンと鍵は一体何処どこから手に入れなすったの?」
流行作家の死 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「次第に依っては秘密にもしましょうが、――うかしたら犯罪に関係がありませんか、麻酔薬を呑まされたと言ったような」
笑う悪魔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
浪「はい御免を、誠にうも両三日さんにちは引続いてお寒い事で、併しながら何日いつ御壮健おたっしゃな事で」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
主「おゝうだ、誠にうも…まあ気が付いて宜かった、何しろ気の毒な事だ、もしねえさんお前何ういう訳だえ」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「うむ。そうだ。せめて池谷医師が外していったフィルムはんなものだったか、それを確かめるだけなら、なにも悪かないだろう」
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
江戸までお送り遊ばして下さいますれば、ようにもお礼をいたしましょう、お忙しいお身の上でもございましょうが
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
由「ハア、それは貴方のことですから、才覚が出来さいすればの様にも骨を折って見ましょうが、何分今が今と云っては心当りが」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此の二階の明るい書斎でならば保雄が計画して居る長篇小説も古事記を材料にした戯曲もうやら手が附けられさうに思はれた。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
侍「とんだ良さそうな物、拙者せっしゃ鑑定かんていするところでは備前物びぜんもののように思われるがうじゃな」
の書生は、木立のなる新築の屋根をかへりみつゝ「うも不思議だナ、僕はほとんど信ずることが出来んよ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
身躰からだうにかなつてるやうで、すつとれないでつくばつた、すそあしにくるまつて
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
が、矢張やつぱいしげるか、うか、しきり樣子やうすたくつたもんですからね。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
老人らうじんつく/″\みて、のまゝでは、よううも、あの蹈切ふみきり越切こしきれなんだ。――
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
みちつてはかへられぬ獲物えものなれば、断念あきらめて、こひ黄金きんふなぎんでも
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
子息むすこの才能の総和が親爺おやぢのそれに匹敵するのはうにか辛抱出来るが、大久保甲東の息子達のやうなのは一寸……。
画家ゑかきといふものは、うかすると他所よその葡萄を欲しがつたり、相弟子あひでしの女画家に惚れたりするものなのだ。
『あの人は一体ああいふ真似が好きなんですよ。それ、此間こなひだも感情教育がうだとかうだとか言つてゐたでせう?』
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ぼっちやん、ゆっくり遊んでやつて下さい。直ぐ寝つちまつちやあ不可いけませんよ、うも御苦労様なことツたら、」
処方秘箋 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
うござらうぞ、食べて悪いことはなからうがや、野山の人はの、一層いっそのこと霧の毒を消すものぢやといふげにござる。」
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
まことにうも御厄介ごやくかいでございませうが今晩こんばんたゞあかけでよろしうございます
はい有難ありがたぞんじます、誠にとんだ負傷けがいたしまして……うも相済あいすみませぬことでございます
「言ふよ、言ひますよ、――言はなくてうするものですか、――おう痛てえ、喉佛のどぼとけがピリピリするぢやありませんか」
不實ふじつことはずとはやつて先方さきれほどつてるかれはせぬぞ
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それにひきかえ、あの老画師のにこやかさはうだ、いつ会っても玲瓏れいろうと笑えるあの顔は羨やましいものである。
人間山水図巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
権次はおも蔵の戸前から離れようとしません、此処ここから三右衛門を入れたら、んな事になるかわからなかったのです。
黄金を浴びる女 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「仕事? そんなものはうでも宜いさ、しばらくここに遊んでいるが宜い、――ところで寿美子さん、何が得意なの」
この問答の巧拙こうせつにより、もしかしたなら、何がう成るか、判らぬと考えていただけに、伊賀亮との一問一答には
大岡越前の独立 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
さてうも一かたならぬ御厚情ごこうじやうあづかり、すくなからぬ御苦労ごくらうけました。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
園「是は私のおとっさんの死骸うしたのでございましょう、昨日きのううちを出て帰りませんから心配して居りましたが」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「あの時は、うかしてゐたんだ」と代助は椅子にりながら、比較的ひややかな自己で、自己の影を批判した。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
私が、母親のへその穴から、んな所へ生れるのだろうかしらと、覗いた時にも、その位の、小さな家に住んでいた。
大阪を歩く (新字新仮名) / 直木三十五(著)
國「源次郎さま大層に遅いじゃアありませんか、わたくしうなすッたかと思いましたよ、あんまりですねえ」
まあ、おそろしいところからくらゐはなれたらうとおもつて怖々こは/″\振返ふりかへると
怪談女の輪 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
わたくしいまうして、たった一人法師ひとりぼっちているが、一たいここはんなところかしら……。
少くとも僕等はそんなことを素質そしついうしてゐるだらうか。うして思ひもよらぬことだ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
文明といふことも、新聞の上で見るばかりで、それが果してんなものであるか、何ういふことであるかを知らなかつた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
それにしても『円周率』とは、何を意味しているのであろう、3.14 ……という無理数であるπは、んな意志表示なのであろう。
脳波操縦士 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
傳「おい宇之助さん/\、おや、あの女にへい/\お辞儀をしているよ、弁当の余りでも貰う気じゃアねえか、宇之助さんうしたい」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ういふんだか、一寸見たら判りさうなものぢやないか。僕達と比べてみたまへ、君の身装みなりは随分見窄らしいぢやないか。」
れですからうし角文字つのもじといふのは貴方あなたをおたのみになつたらうでございますといふので。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
それういふわけかとあとで聞いて見ますると、耳へけべき器械きかいを口へけてやつたからだといふ。
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
まえうも麪桶めんつうがはりに砂張すばり建水みづこぼしつてるので感心したから
うしても光景くわうけいが、吉原よしはら大門おほもんなか仕事しごとなんです。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はゞひろさはのくらゐまでみなぎつてるか、ほとん見當けんたうかない、とふうちにも
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いやうして、うまれかゝつた嬰兒あかんぼはあるかもらんが、んだらしいのは一人ひとりもない。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
重「ハイ私はんなにお案じ申したか知れませんよ、お願いだから喧嘩はめて下さい、私が死んでからして下さい」
彼は、れ位ゐ金を呉れたのか気に懸つたが、努めて白々しい態度を取つてゐると、だんだんに心がイヂけて来るやうな不快を覚えた。
熱海へ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
これはうもならぬそのやうに茶利ちやりばかりはですこ眞實しんところかしてくれ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)