“一靡”の読み方と例文
読み方割合
ひとなび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、と合はせた、両袖つたが、るゝ蹴出し柔かに、一靡き落着いて、胸をらして、顔を引き
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と、はせた、兩袖つたが、るゝ蹴出かに、一靡落着いて、らして、
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
三角形の砂地が向うに、蘆の葉が一靡き、鶴の片翼見るがごとく、小松もに似て十本ほど。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)