“こうぼう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コウボウ
語句割合
光芒42.1%
広茫13.1%
広袤13.1%
弘法11.2%
光鋩7.5%
光茫2.8%
曠茫2.8%
興亡1.9%
口傍0.9%
皎鋩0.9%
紅甍0.9%
荒亡0.9%
高帽0.9%
高甍0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空気の乾いているせいか、ひどく星が美しい。黒々とした山影とすれすれに、夜ごと、狼星が、青白い光芒を斜めにいて輝いていた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
太陽の光を浴びの群れ飛んでる広茫たる地面を四角に切り取っている大きな黒壁の神秘な魅力、それらのものに著者の心はひかれていた。
「あの辺一帯の平地は、広袤として、一目にちょっと気づかれぬが、仔細に地勢を察するなら、湖の底にいるも同じだということがわかるはずだ」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(がぶりと呑んでをチュウと吸う)別して今日は御命日だ——弘法様がに金ぴかものの自動車へ、相乗にお引取り下されますてね。
山吹 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
遠い天星の青光りが、ギラッとつづらの側によれ合った。一方のつづらへは有村の剣! ひとつのほうへは天堂一角が、今にも突き出さんとめ澄ます光鋩
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それが他方へ廻転してゆくとき、何か神秘的に、長く、遠く白銀色の光茫を何海浬もサッと引いた。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
あるいは下りあるいは登り、道なき道を突き進み、一あまり進んだ時、忽ち曠茫たるの原、星の下辺に見え渡り、一群色濃き森の中よりわずかに見える灯の光。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
一刀斎は、例によって、世乱変転のを、あたかも道中の山水風物と同視して、冷酷に批判する。浮沈興亡する英雄の道と、いま自分のあるいている道とは、まったく別箇のものとしているのである。
剣の四君子:05 小野忠明 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「二八誰ガ家ノ女、飄トシテ来リ岸蘆ニ倚ル、鳥ハ眉上ヲ窺ヒ、魚ハ口傍ノ朱ヲス」
岷山の隠士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
どのくらいかと当たるで斬りつけた源十郎は、武蔵太郎の皎鋩に容易ならぬ気魄を読むと、今後これを向うへまわす左膳と自分もめったに油断はならぬわいと思いながら
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
出た、山のに松が一樹。幹のやさしい、そこの見晴しで、ちょっと下に待つ人を見ようと思ったが、上って来た方は、紅甍粉壁と、そればかりで夫は見えない。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その設備の費用や、交際や、仲に立って狡計する金魚ブローカーなどもあって、金魚のため——わずか飼魚の金魚のために家産を破り、流難荒亡するみじめな愛魚家が少からずあった。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
高帽腕車はいたるところ剣佩馬蹄の響きと入り乱れて、維新当年の京都のにぎあいを再びここ山陽に見る心地せられぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
あるいは何々にして市内市外に許多高甍宏閣えている人よりも以上の租税を払っている例すらある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)