“海浬”の読み方と例文
読み方割合
かいり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時は八月の九日午後二時——三時、は横浜を北へ去る少くとも五百海浬の海上、今やまさに津軽海峡の中間を進行しつつある観光船高麗丸の後甲板
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
それが他方へ廻転してゆくとき、何か神秘的に、長く、遠く白銀色の光茫を何海浬もサッと引いた。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
オホーツク海は樺太の東海岸北知床岬の南方十海浬だというのが、この海豹島の確かな位置とされている。その海豹島は長さが二百五十、幅が三十間のほんの小さな岩島に過ぎないのだ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)