“こうけい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
光景38.7%
肯綮20.8%
公卿6.6%
紅閨5.7%
口径2.8%
公圭1.9%
巧慧1.9%
絞刑1.9%
後景0.9%
黄奎0.9%
高啓0.9%
光啓0.9%
光瑩0.9%
孝恵0.9%
孝敬0.9%
孝景0.9%
寇警0.9%
庚兄0.9%
後継0.9%
後閨0.9%
恒景0.9%
江景0.9%
狡計0.9%
皇慶0.9%
荒雞0.9%
蒿蹊0.9%
行径0.9%
黄渓0.9%
黄経0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
過渡期の時代はあまり長くはなかった。糟谷眼前咫尺光景にうつつをぬかしているまに、背後の時代はようしゃなく推移しておった。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
しかしすることはいつも肯綮にあたっていて、間然すべきところがない。弥一右衛門は意地ばかりで奉公して行くようになっている。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
なるほど、京都へまいれば秀吉公のお力にすがることもでき、公卿百官の邸宅諸侯の門などをならべておりますから、またなんぞうまい手蔓にぶつからぬかぎりもござりますまい。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
客でも何んでもない、唯の旅人が、博多名物の一つとして、五圓の觀覽料を拂つて、そのしくも美しい、濃艶怪奇を極めた紅閨を見せてもらつたものです。
「僕もよくは知りませんが、四・五センチの口径をもったピストルなんて、市場にはちょっと見当らない品です」
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)
宛名苾堂桑原氏、名は正瑞公圭、通称を古作といった。駿河国島田駅の素封家で、詩書を善くした。玄孫喜代平さんは島田駅の北半里ばかりの伝心寺に住んでいる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
民族的な巧慧さをそなえていたから、クリストフには優雅な点はないが、骨董品的なパリー人の示すことのできない堅実さをもっているということを、完全に見て取ったからであった。
船員の一人を殺害したで、九人の部下と共に絞刑に処せられた。
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
これらの山水画的後景は清長歌麿に及びて益〻進歩し、遂に北斎広重に至つて純然たる山水画をなせり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
この特色は風俗画に至りて最も著しく婦女の姿態と家屋路地等の後景を配合せしむる事る巧妙なり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
黄奎は夜おそく家へ帰った。さすがに酒も発せず、すぐ寝房へ入った。彼には妻がなく、李春香というが彼の面倒を見ていた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして直ちに、密車二隊をらせ、一手は黄奎を捕縛し、一手は馬騰の家を襲って、即座に二人を召捕ってこさせた。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
高啓を重んじ、交情また親しきものありしは、高季迪こうきてきにこたえたてまつる高編脩こうへんしゅうによす高啓生一レこうけいのこをうめるをがす
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
道衍きより学を好み詩をにし、高啓と友としく、宋濂にも推奨され、逃虚子集十巻を世に留めしほどの文才あるものなれば、道衍や筆を執りけん、は又金忠の輩やりけん
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
王審知はかつて州の刺史(州の長官)でありましたが、州の北にある桃林という村に、唐末の光啓年中、一種の不思議が起りました。
武子さんは暹羅の皇太子に入輿の儀が会議され——明治の初期に、日支親善のため、東本願寺の光瑩上人の姉妹が、帝との縁組の交渉は内々進んでいたのに沙汰やみになったが——武子さんのは
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
と、言って青年をして帰らした。問官は時の天子孝恵皇帝の皇后賈后の親類の男であった。
賈后と小吏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
、太子高熾羣小めらるるや、告げて曰く、殿下はに誠をして孝敬に、孳々として民をみたもうべきのみ、万事は天に在り、小人は意をくに足らずと。識見亦高しというべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
孝景皇帝は漢の高帝の孫也、七国の王は皆景帝の同宗父兄弟子孫なり。然るに当時一たび其地を削れば則ち兵を構えて西に向えり。晋の諸王は、皆武帝の親子孫なり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
たま/\北辺に寇警ありしを機とし、防辺を名となし、燕藩の護衛の兵を調してでしめ、其の羽翼を去りて、其の咽喉せんとし、工部侍郎張昺をもて北平左布政使となし
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
同じ干支に生れた同年の者が交際するには干支の兄、干支の弟という意味で庚兄庚弟と呼びあい、その子や甥などは干支のさんという意見で、それを庚伯と呼ぶの風習があった。
水莽草 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
飯島好造は相変わらず多弁で、とかく話題を政治に向けがちだったが、その興味の中心は後継内閣の顔ぶれといったことにあるらしかった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
その一つの部屋に、絢爛な夜具が敷いてあり、枕頭の燭台も、あたりのものの気はいも、何となく貴人の空気と、めいた後閨の匂いをただよわせている。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
漢土にもえがある。汝南恒景というものの家に、或る日、一仙人がのぞいてうには、この秋、災厄あり、それを遁れんと思えば、紅絹茱萸を入れてにかけ高き山に登れと。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
江景というところで独力で病院を経営している福原という人の細君が、祖母を訪ねて来た。その女はといって、祖母の姪の一人である。
その設備の費用や、交際や、仲に立って狡計する金魚ブローカーなどもあって、金魚のため——わずか飼魚の金魚のために家産を破り、流難荒亡するみじめな愛魚家が少からずあった。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
親鸞とまあ同時代といってもよい皇慶高山寺の明恵、また時の慈円僧正にしましても、同じような嘆きを、なにかのなかにもらしております。
親鸞聖人について (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何となれば彼らが天職は、荒雞の暁にちて暁を報ずる如く、哀蝉の秋に先ちて秋を報ずるが如く、進撃を促すの喇叭の如く、急行を催す鉄笛の如く、時に先ちて時を報ずるにあればなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
性情行径し、俳徊感慨、まことにわざるものありしならん。又別に、春日劉太保の墓に謁するの七律あり。まことに思慕の切なるを証すというべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
同乗するもの八人、程、、楊、牛、、宋、史なり。は皆涙をって別れまいらす。帝は道を溧陽に取りて、呉江黄渓の史彬の家に至りたもうに、月のを以て諸臣またまりて伺候す。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一太陽年を太陽の黄経に従って二十四等分し、その各等分点を、立春、雨水、啓蟄、春分、清明……という風に名づけたのである。
立春の卵 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)