“喜代平”の読み方と例文
読み方割合
きよへい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宛名苾堂桑原氏、名は正瑞公圭、通称を古作といった。駿河国島田駅の素封家で、詩書を善くした。玄孫喜代平さんは島田駅の北半里ばかりの伝心寺に住んでいる。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)