“喜代蔵”の読み方と例文
読み方割合
きよぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月六斎と日を期して、勝三郎が喜代蔵辰蔵二人の弟子を伴って、お玉が池の渋江のに出向くと、その日にはも里親のから帰って待ち受けていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)