“日本永代蔵”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にっぽんえいたいぐら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日本永代蔵”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ところが、二、三年前にある偶然な機会から、はじめて『日本永代蔵にっぽんえいたいぐら』を読まなければならない廻り合せになった。
西鶴と科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
親の仇同前に心掛けて配慮する内、やっと近頃西鶴の『日本永代蔵にっぽんえいたいぐら』巻四の四章に「茶の十徳も一度に皆」てふ題目を立てたを見出した。