“喜代次”の読み方と例文
読み方割合
きよじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中村鴈治郎が、もとの北陽芸妓喜代次を愛してゐた事は知らぬ人もあるまい。その喜代次は松井須磨子の自殺したのと同じ日に、同じ三十四のであの世へ旅立つて往つた。