“喜平次”の読み方と例文
読み方割合
きへいじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
義竜は弘治二年の春、庶腹の兄弟喜平次孫四郎の二人を殺し、続いて父道三鷺山うて父をしてからは、美濃の守護として得意の絶頂に立っていたが
赤い土の壺 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
稲葉山斎藤義龍養父道三山城守が、自分を廃嫡して、二男の孫四郎か、三男の喜平次をもり立てようとしているのを察して、仮病を構えて、そのふたりを呼びよせ、これを殺してしまった。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
喜平次 
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)