“寿平次”の読み方と例文
読み方割合
じゅへいじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣宿妻籠の本陣、青山寿平次の妹、おという娘が半蔵の未来の妻に選ばれた。このの結婚には、吉左衛門も多くの望みをかけていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
妻籠本陣の寿平次をはじめ、その妻のお里、めっきり年とったおばあさん、半蔵のところから養子にもらわれて来ている幼い正己——皆、無事。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
だから、参覲交代のような儀式ばった御通行はそういつまで保存のできるものでもないというあれの意見なんだろう。妻籠寿平次もその説らしい。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)