大使館の始末機関たいしかんのしまつきかん――金博士シリーズ・7――――きんはかせシリーズ・しち――
ずいぶんいい気持で、兵器発明王の金博士は、豆戦車の中に睡った。 睡眠剤の覚め際は、縁側から足をすとんと踏み外すが如く、極めてすとん的なるものであって、金博士は鼾を途中でぴたりと停めたかと思うと、もう次の瞬間には、 「さて、この大使館では朝飯 …
作品に特徴的な語句
しょう 美味びみ なな よう 一刻いっこく たが あずまや はず 寝台しんだい 彼奴かやつ 朝餐ちょうさん きわ けん 砕片さいへん ころが くだ 人体じんたい からだ 切迫せっぱく うな 容易ようい 彼奴きゃつ はい 旅装りょそう 最中さいちゅう 濠々もうもう 火酒ウォッカ 笑声しょうせい 美酒びしゅ かんがえ かど 調合ちょうごう にぎや 道理どうり きん 鋼鉄こうてつ ぎわ 面目めんもく いただ 人語じんご 人骨じんこつ 仕度したく 余人よじん 余計よけい 依存いぞん 偉力いりょく そば 催促さいそく 内壁ないへき 効目ききめ 半端はんぱ 卓子テーブル 厳然げんぜん 可哀かわい あき つぶや 周章あわ のろ しゃべ くさめ ほか 大概たいがい 失望しつぼう 奈落ならく きら 安堵あんど 密閉みっぺい 寝言ねごと 居候いそうろう 年齢とし まわ 引懸ひっかか 引込ひっこ 弾丸たま 後味あとあじ こころざし 恭々うやうや 悠々ゆうゆう おどろ した 手当てあて 手硬てごわ 押釦おしボタン