“内壁”の読み方と例文
読み方割合
ないへき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「どうも、感心できませんや、砒素の入っている合成酒はねえ。口あたりはいいが、むと胃袋の内壁銀鏡で出来て、いつまでももたれていけません」
子房がまだ若いときは(左側中央の図)、その各室内にまだ毛は生じていないが、花が終わって後子房が日増しに大きくなるにつれ、漸次にその外方の内壁から毛が生じ始める。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
三の散佚はあろうが、言うまでもなく、堂の内壁にめぐらしたの棚に満ちて、二代基衡のこの一切経、一代清衡金銀泥一行まぜの一切経、判官贔屓の第一人者、三代秀衡老雄の奉納した
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)