“滅法矢鱈”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めっぽうやたら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“滅法矢鱈”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
とにかくソイツを訳のわからねえまんまに台湾館の前に突立って、滅法矢鱈めっぽうやたらに威勢よく怒鳴っているとドシドシ毛唐が這入って来る。
人間腸詰 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
由来海上の仕事には神秘とか、秘密とかいう奴が、滅法矢鱈めっぽうやたらに多いものだが、その中でもこの爆弾漁業という奴は、超特級のスゴモノなんだ。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)