“鰥暮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やもめぐら66.7%
やもめぐ16.7%
やもめくらし8.3%
やもめぐらし8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鰥暮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語1.9%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
毅はそれから金陵へ移ったが、鰥暮やもめぐらしでは不自由であるから、范陽はんようの盧姓の女を迎えた。
柳毅伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
老人は、鰥暮やもめぐらしの喬生が夜になると何人だれかと話しでもしているような声がするので不審した。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
……そう、よっぽどそう云った方がこの谷には似合いそうだな、少くともこんな冬のさなか、こういうところで寂しい鰥暮やもめぐらしをしようとしているおれにとっては。
風立ちぬ (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
なんでもおばさんの話によると、母がはじめて向島のはずれのその家に訪れてみると、なにひとつ世帯しょたい道具らしいものもなくて、まるであばら家のようななかに、父はしょんぼりと鰥暮やもめぐらしをしていたのだった。
花を持てる女 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「ハヽヽヽヽ、時局と女とは何の関係もあるまい、戦争いくさ門出かどで祝言しうげんするなど云ふことあるぢやないか、松島も久しい鰥暮やもめくらしぢや、可哀さうぢやに早くして遣れ——それに一体、山木、誰ぢや、媒酌ばいしやくは」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
藤枝ふじえだと云う鰥暮やもめぐらしの侍はじぶんの家へ帰って来た。
女賊記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)