光籃こうらん
田舎の娘であらう。縞柄も分らない筒袖の古浴衣に、煮染めたやうな手拭を頬被りして、水の中に立つたのは。……それを其のまゝに見えるけれど、如何に奇を好めばと云つても、女の形に案山子を拵へるものはない。 盂蘭盆すぎの良い月であつた。風はないが、白 …
作品に特徴的な語句
ちょっ びと 誘拐いざな 思慮ふんべつ やれ じろ 点滴したたる しずま まい かか しも まっ やっ どこ しゃく だんま みっ 筒袖つつっぽ うつ まずし おおき いち つめた あやし しな ひっ これ 破目やれめ 此方こっち わか 蟋蟀きりぎりす きず 泡沫あわ 大形おおがた ふな かざ いなびかり 可恐こわ とま ともしび むらが せな それ 煮染にし ざま 落合おちあ かすか のち じじい かつ つま ひとりむし つたわ のば がに 寺詣てらまいり たば 行燈あんどう なん うお 真個ほんとう 驚駭おどろき ごと しるし あね 照映てりか ながれ さき 灌頂かんちょう つら びく かか たたみ つゆ かいな 闇夜あんや こぼ あいだ 大海だいかい ぬぐ てら 暗雲あんうん はい よる うか みよし