ぼら)” の例文
皎々として、夏も覚えぬ。夜ふけのつゝみを、一行は舟を捨てて、と、とが、寺詣をするに、しよぼ/\と辿つて帰つた。
光籃 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
船にはきっと腰蓑を着けた船頭がいて網を打った。いなだのだのが水際まで来て跳ねる様が小さな彼の眼に白金のような光を与えた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
九鬼嘉隆という贅肉もなく骨じまりの慥乎とした色のくろい男だ。いわゆる潮みがきにかけられた皮膚と生きのいいみたいな眼をもって
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
妻君「それも美味しゅうございましょう。私どもではこの頃近所の家からよくイナやきたのを貰います。その主人が投網が好きでよくイナや鰡を ...
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
しかし、お杉の来ているのを知らない二人も、お杉につれて、章魚や、緋鯉や、鮟鱇や、の満ちている槽を覗き覗き、だんだん花屋の方へ廻っていった。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
十一月初旬から江戸前で釣れるについてみると一番分かる。十二月下旬になって産卵のため外洋へ出る途中の東京湾口で釣れたものは味が落ちる。それは腹に子を持ったからである。
季節の味 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
この青鱚釣りともうしますのは、寛文のころ、五大力仁平という人が釣ったのがはじめだとされているんでございまして、春の鮒の乗ッ込釣り、秋ののしび釣り、冬の釣りと加えて
顎十郎捕物帳:04 鎌いたち (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「……そんなせりふはいちにんまえの女の云うこった、それより三河屋と魚政へでもいって来な、さっき見たら活のいいがあったっけ、あいつの酢味噌と、なにか焼き物に椀というところでいこう」
野分 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
黒鯛
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
鰺の味噌焼と申して背から庖丁を入れて骨をった跡へ唐辛子の混ざった味噌を詰めて串へさして焼くのもあります。イナももこうして食べられます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
など、潟魚をぴちゃぴちゃねさせながら売っているのと、おし合って……その茨蟹薄暮方の焚火のように目についたものですから、つれのども、家内と、もう一人
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
元来我々同族間では目刺の頭でもでも一番先に見付けたものがこれを食う権利があるものとなっている。もし相手がこの規約を守らなければ腕力に訴えていくらいのものだ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
まぐろのいすご、鱸の腹膜、このわた、からすみ、蜂の子、鮭の生卵、岩魚の胃袋、河豚白精など、舌に溶け込むようなおいしい肴の味を想い出しては、小盃の縁をなめるのである。
蜻蛉返り (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
のためか深張傘をさして、一度、やすもの肴屋へ、お總菜ひにたから。
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
お魚のグレーと申してとかとかとかとかとか比良目とか川魚ならばとかとかとかとかいうようなもので肉に膠分の多い種類を択びまして海魚ならば背から開いて骨を抜いて塩胡椒を
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
を、三番叟、とすてきに威勢よくる、おや/\、初鰹だよ。五月とす。さし網鰯とて、のまゝ、盤臺にころがる。にあらず、ほどのさなり。し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
土蔵焼 冬 第二百八十六 船場煮
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
饅頭焼 冬 第二百八十六 船場煮
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
○カラスミはの子なり。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)