“京武士”の読み方と例文
読み方割合
みやこぶし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平生は一きりしてゐないけれども、二本帶して資格つてゐて、與力京武士らなくてもいいだけの地位になつた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
近衞家京武士は、綺麗で、のツぺりしたひつゝ、片手まんで、三れたところから、鼻聲した。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
『やアたまらん。』と、京武士に一二後退りした。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)