環礁かんしょう――ミクロネシヤ巡島記抄――――ミクロネシヤじゅんとうきしょう――
寂しい島 寂しい島だ。 島の中央にタロ芋田が整然と作られ、その周圍を蛸樹やレモンや麺麭樹やウカル等の雜木の防風木が取卷いてゐる。その、もう一つ外側に椰子林が續き、さてそれからは、白い砂濱——海——珊瑚礁といつた順序になる。美しいけれども、寂 …
作品に特徴的な語句
ばな バンド しはぶ 微笑ほほゑ をし をのの づら たへ つつし いひ うづくま とほ 一刷ひとはき あが もと びと 八歳やつつ 四歳よつつ おのれ 度外どはづ うしろ こは ゆび 爪彈つまびき まばゆ あを 綿カボック 離島りたう 何處いづこ 先刻さつき 凝乎じつ 可笑をか 呪縛じゆばく 干物ほしもの ゆか つか ことわ 欄干てすり がら つゆ 汽船ふね 生々いきいき いまし 蛸樹たこのき 蟾蜍ひきがへる あが 面被ヴェイル 顏料タイク あんこ 𢌞めぐ 三𢌞みまはり のぼ うち 乾兒こぶん 五歳いつつ 他人ひと 何故なぜ そば かし ひる 半身はんしん 合歡ねむ 呆氣あつけ 周圍まはり 呼吸いき たしな わら 四邊あたり 堡礁リーフ あな 宿借やどかり 密生 寢息ねいき 小徑こみち 小肥こぶと おの あと 忌々いまいま こころよ たの おび わる ものう 成人おとな 新米しんまい 昔語むかしがたり 景觀ながめ 服裝なり 汚點しみ
題名が同じ作品