“世帶染”の読み方と例文
新字:世帯染
読み方割合
しよたいじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如何にも世帶染みた、商賣の懸合でもするやうなであつたので、小池はこの時初めて女將としてのお光を見たと思つた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
矢張物質的必要かららしいです。でも餘程派出なんで、叔母さんのでもさう單簡まされないんでせう」と何時にない世帶染みたつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
今の所はそれで大變に結構です。しかし眞面目にですよ、最初の火花のやうな浮々した氣持が消えて了へば、あなたは家庭的な仕事だの世帶染みた喜びなんぞより、少し高いところに眼を