“しごき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
扱帯64.9%
扱帶25.3%
3.2%
細紐3.2%
仕扱1.9%
0.6%
拔帶0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「聞きゃ、道成寺を舞った時、腹巻の下へ蛇をめた姉さんだと云うじゃないか。……その扱帯が鎌首をげりゃかったのにさ。」
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
? 扱帶つて、するりとつた、萌黄の、るゝやうにけて、紳士大跨にづかり/\。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鹿の子の見覚えある一ツ、背後縮緬の羽織を引振って脱いでな、を取ってへ出て、その薬鑵の湯をちまけると、むっとこう霧のように湯気が立ったい
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
袴も春のおぼろ染——滝夜叉がしどけない細紐をしゃんと結んで少しく胸をそらしたときに、往来を真っ黒にうずめている見物の雨傘が一度にゆらいだ。
ゆず湯 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
毛並のいい頭髪銀杏返しに結って、中形のくしゃくしゃになった寝衣に、仕扱を締めた姿が、細そりしていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
に似たるかな
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
「切れた拔帶はどうしたんです、親分」