“しご”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
67.5%
死後9.4%
私語8.5%
死期6.0%
仕扱1.7%
支吾1.7%
嗣後0.9%
四五0.9%
子午0.9%
扱帯0.9%
締扱0.9%
至極0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただから縄を出してくような素振をしたり、またそこらにあったものを引き寄せるような仕事をしているうちに、寝ていた幸内が
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
で、自然私達対話んでから事柄られることになりました。真先きにいたのは良人死後自覚模様でした。——
「はて?」と、怪しんだり、或いは、孔明の大仁に服して、みな戦場を捨てて洞へ帰ってしまったのではないか、などと私語区々であったが、孔明は
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
洋一はあんな看護婦なぞに、母の死期を数えられたと思うと、腹が立って来るよりも、って気がふさいでならないのだった。
お律と子等と (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
キュと仕扱いてポンといた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
支吾あらんには、巌石鶏卵を圧するの勢を以て臨まんとするの状をし、昺貴の軍の殺気のるところ、をば放って府内に達するものすら有りたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
独リ予及ビ三島遠叔ニオケルヤ盛ニ推許ヲ加ヘ、人前ニ称道シテ唯及ザランコトヲ恐ル。遠叔ハ松山藩士ニシテ即今ノ中洲先生ノ別字ナリ。嗣後予ハ尾張ニ帰ル。誠県シバ/\書ヲ寄セテ再游ヲ勧ム。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
後方の下甲板には何時二十四五まで越せしと見るばかりのよき英国紳士十五六人、四五人づつ横の列つくりて手を取り合ひ足揃へて歩めるを見受けふが
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
子午線の上にかかれり。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「わたし扱帯が一つしいの。あなた買ってくれる?」お宮はしいばかりに飾った半襟屋店頭に立ちどまってそこにけつらねた細くけをりながらいった。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
彼は例の袋を片手でぐっと締扱いて、再び何か投げ込む真似を小器用にした麗々と第二の玉子を袋の底から取り出した。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「それはしい。なんでも勉強しなければいけないよ。ちっと僕のへも来たまえ。」と初対面から至極く打解けた調子であった。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)