“紫斜子”の読み方と例文
読み方割合
むらさきなゝこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此時天一坊の裝束には鼠琥珀紅裏付たる袷小袖の下には白無垢ねて山吹色素絹紫斜子指貫蜀紅錦袈裟を掛け金作鳥頭の太刀をし手には金地の中啓爪折傘
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)