“兼帶”の読み方と例文
新字:兼帯
読み方割合
けんたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、あはれや夕飯兼帶げた。ものだと、はおとなしくつてたらう。が、對手がばらがきだかららない。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かけ兼帶の樣子なり其外行燈反古張の文字も分らぬ迄に黒み赤貝燈心は僅に一本を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
尤も天にも地にもたつた一人暮し、取次も、主人も兼帶の貧乏浪人でもあつたのです。