“訥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ども66.7%
おそ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“訥”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 東洋思想 > 経書20.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
子貢は、とうとうたまりかねたように膝を乗り出して、どもりながら云った。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
村の若い者などが時々遊びに行く事があつても、不器量で、無愛想で、おまけに口が少しどもると来て居るから、誰も物好に手を出すものもなく、二十五歳の今日まで、男といふものは猫より外に抱いた事も無かつた。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
召使いの僕婢おとこおんなことおそきはいつか退けられて、世辞よきが用いられるようになれば、幼き駒子も必ずしも姉を忌むにはあらざれど、姉をそしるが継母の気に入るを覚えてより、ついには告げ口の癖をなして、うばの幾に顔しかめさせしも一度二度にはあらず。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)