競漕きょうそう
毎年春季に開かれる大学の競漕会がもう一月と差し迫った時になって、文科の短艇部選手に急な欠員が生じた。五番を漕いでいた浅沼が他の選手と衝突して止めてしまったのである。艇長の責任がある窪田は困った。敵手の農科はことにメンバアが揃っていて、一カ月 …
作品に特徴的な語句
後退あとすざ おもむき 水路コース おさ 上手かみて うなだ 条件コンディション うずく とお からだ 口吻こうふん 弛緩ちかん おそ オール 渦巻うずまき のぼ しま たず たず のが 間諜スパイ かす 馴染なじ もた 一艘いっそう 下婢かひ 仔細しさい 伝馬てんま おれ 偵察ていさつ しの 出外ではず かく ひる いや 口惜くや 吾々われわれ 呑気のんき 咄嗟とっさ 喝采かっさい うそ ささや 四辺あたり 四隣あたり 土堤どて 執拗しつよう へい 夕凪ゆうなぎ やつ めかけ はら 寝転ねころ 対手あいて あらし まわ かす 微笑ほほえ 恍惚こうこつ よろこ あわ おもんぱか 慰撫いぶ 手馴てな たす 挑戦ちょうせん 挨拶あいさつ 掃除そうじ かす つか そろ そこ さら 曖昧あいまい まくら 枯蘆かれあし 棒杭ぼうぐい 椿つばき はん