“よふけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
夜更74.8%
深更9.9%
夜深8.1%
深夜6.3%
夜闌0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
哲郎は何かたべ物でも買って往きたいと思いだしたが、さて何を買って好いやら、この夜更に何があるものやらちょと思いだせなかった。
青い紐 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
鶴岡城下の話であるが、深更に一人の武士が田圃路を通っていると、焔のない火玉がふうわりと眼の前を通った。
鬼火を追う武士 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そよそよと流れて来る夜深の風には青くさいの花と野草のが含まれ、松のえた堀向の空から突然五位鷺のような鳥の声が聞えた。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
品川から駕籠に乗んなすった時おりから深夜、女身一人、出歩こうとは大胆だが情夫にあいたいの一心から、家を抜け出して来たんだな、こう目星を付けたってものさ。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
でもばつたはでした。このは、がな一のよいなどは、そののひかりをたよりに夜露のとつぷりをりる夜闌まで、母娘でせつせとつてゐました。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)