“堀向”の読み方と例文
読み方割合
ほりむこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そよそよと流れて来る夜深の風には青くさいの花と野草のが含まれ、松のえた堀向の空から突然五位鷺のような鳥の声が聞えた。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
見れば先へ行く二人連も同じように道をよける。汽車の走過る響がして、蒼茫たる霧の中から堀向の人家の屋根についている広告の電燈がから見えるようになった。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
またその辺から堀向の林町三丁目の方へ架っていた小橋を大久保橋とえていた。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)