“幌骨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほろぼね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幌骨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それが、かぶと幌骨ほろぼねなんだ」と云って、法水は母衣ほろを取りけ、太い鯨筋げいきんで作った幌骨を指し示した。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
すなわち、身体を入れる左脇の引合口の方を背後にして、そこからはみ出した背中の瘤起りゅうきを、幌骨ほろぼね刳形くりがたの中に入れてある。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)