田舎の時計他十二篇いなかのとけいほかじゅうにへん
海を越えて、人人は向うに「ある」ことを信じてゐる。島が、陸が、新世界が。しかしながら海は、一の広茫(こうぼう)とした眺(なが)めにすぎない。無限に、つかみどころがなく、単調で飽きつぽい景色を見る。 海 …
作品に特徴的な語句
へり 哄笑こうしよう 生活ライフ 由緒ゆいしよ はに 万象ばんしよう 蕭条しようじよう 工廠こうしよう あるい 縹渺ひようびよう いら 荒寥こうりよう 亭主ていしゆ まる 勿体もつたい いと 吃驚びつくり 呆気あつけ 宿場しゆくば 岩礁がんしよう 工夫こうふ 幕僚ばくりよう 広間ホール 押韻おういん しば ため 煖炉ストーブ 祈祷いのり あた 臥起ねおき 茶碗ちやわん 襦袢じゆばん たた つれ ひら 一寸ちょっと 一瞥いちべつ 三叉みつまた 不遜ふそん 伯母おば 伸伸のびのび 位牌いはい 住家すみか 何処どこ 何所どこ 何故なぜ わび そば 傲岸ごうがん わず 凸凹でこぼこ 切岸きりぎし 刹那せつな 刺戟しげき にお うまや 叔父おじ たた 可笑おか 同棲どうせい あじわ さえず ささや 土塊つちくれ まみ つぼ 夫夫それぞれ 媾曳あいびき うれ 寓意ぐうい 尾花おばな 巴里パリ 広茫こうぼう 彼方かなた 徘徊はいかい かす 悧発りはつ ドア 手際てぎわ とら ささ 摸索もさく ゆえ 敵愾てきがい おい 日向ひなた うつ 暗闇くらやみ