“売払”のいろいろな読み方と例文
旧字:賣拂
読み方(ふりがな)割合
うりはら25.0%
うりはらい25.0%
うりはらっ25.0%
うりはろ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“売払”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記1.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
相当な買人かいてを探して売払うりはらえば、お前は乞食をないでも済むのだ。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
是れは例の雑物売払うりはらいのとき道具屋がを付けて丼二つ三分さんぶんと云うその三分とは中津の藩札はんさつぜににすれば十八もんのことだ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
よし/\洋学流の吾々われわれは反対に出掛けてろうとう気になって、あたかも江戸の剣術全盛の時代に刀剣を売払うりはらっ仕舞しま
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
ことごと売払うりはらっ仕舞しまった。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
逃げるようにして船に乗りましたが、兄の死後、もなく家財は残らず売払うりはろうて諸道具もなければ金もなし、赤貧せきひん洗うがごとくにして、他人の来て訪問おとずれて呉れる者もなし
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)