“御伺”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうかが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御伺”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]4.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これはもとより精神作用だが、豆州ずしゅう修善寺の御伺おうかがいの石もその一例である。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
こえかぎりにわあッとさけんでしまいました……。あと御伺おうかがいすると、あの場合ばあいみこと御難儀ごなんぎのがたのは