“公達輩”の読み方と例文
読み方割合
きんだちばら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉報いかに? ——と、御所では鳴りをしずめて待っていたが、やがて、四日も過ぎて、へとへとに帰ってきた公達輩の話では
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こちらの文のお返しに、白紙などこされて、なんとも小憎い一座ではある。このまま黙って引っ込んでいては、愈〻、あの公達輩をよい気にさせて置くようなもの。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
知盛維盛忠度敦盛など一門の大家族が、各〻の別荘へ、みな避暑にいていたが、秋風と共に、遊び飽きない姫や公達輩も、ようやく、都へもどって来た頃だった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)