“公卿輩”の読み方と例文
読み方割合
くげばら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
逆鱗は申すまでもない。お留守をあずかっていた公卿輩はもちろんのこと、行幸いてもどった人々も、その御気色慴伏して
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは血の不思議をおもう公卿輩などには、なにか因縁事のようなオゾ毛をわせたのではなかったろうか。
「それはご苦労でした。したが唯今、殿下には、おん鞠場へ出て、公卿輩を相手に、蹴まりに興じておられますゆえ、しばらく、その辺でお待ちくださらぬか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)